出産と更年期障害

   

更年期障害は更年期になって卵巣の機能が低下することにより

女性ホルモンの量が減少して起こります。

 

体のほてりや発汗、めまいといった更年期特有の症状のほかに、

うつやイライラなどの精神的な症状もでます。

 

最近はバリバリ仕事をする女性が増えていることもあって、

若いうちから更年期の症状が出る女性も増えています。

これを若年性更年期障害といいます。

 

20代30代で更年期の症状がでると、

気になるのが妊娠・出産のことではないでしょうか。

 

また、産後に無理をすると更年期障害になる、などといわれますが、

実際はどうなのでしょうか。

更年期障害と出産についてご紹介します。

 

xmRDFQgHoCS920L1456198948_1456199350

 - 出産と更年期障害