20代、30代で更年期の症状が!?若年性更年期障害とは

   

若い女性に増えている更年期の症状とは

月経不順、頭痛がする、体がほてる…

まだ20代、30代なのに更年期の症状を訴える人が増えています。

更年期は閉経前後の10年間のことを指します。

日本人の閉経の年齢は50歳前後なので、

40代後半から更年期に入る人がほとんどです。

この時期には、女性ホルモンの分泌が減少し、

体の様々なところに不調をきたします。

生活に支障が出るほど症状が重い場合に更年期障害といいます。

43歳以前に閉経することを早発閉経といい、

医療機関での治療が必要な状態です。

早発閉経だと、30代で更年期の症状が現れることはあります。

しかし、早発閉経でなくても更年期のような症状を感じている女性が多く、

若年性更年期障害と呼ばれています。

若年性更年期障害は、更年期ではないのに、

月経不順になり、体のほてりやだるさ、発汗、ときにはうつなど

深刻な状態になります。

月経不順を放置しておくと、

そのうち無月経になったり、将来妊娠しにくくなる可能性もあるので、

適切に対処することが必要です。

若年性更年期障害の原因

更年期でないのに、更年期の症状が出てしまう原因としては、

ストレス、無理なダイエット、不規則な生活が考えられます。

女性の体はとてもデリケートにできていて、

ちょっとしたストレスでもホルモンバランスが乱れてしまいます。

ホルモンバランスが乱れることで、体がほてったり、

発汗、イライラなどの症状があらわれます。

若年性更年期障害の治療

早発閉経のために更年期障害になっている場合には、

骨粗しょう症や高脂血症などのリスクが高まるので、

ホルモン療法など専門の医療機関での治療が必要になります。

早発閉経かどうかは血液検査で女性ホルモンの数値を

調べることでわかります。

女性ホルモンの数値に問題がなく、

ホルモンバランスが乱れていて

更年期の症状が出ている場合には、

過度なストレスがかかっていないか、

激しいダイエットをしていないか、

食生活が乱れていないかなど、

日々の生活を見直す必要があります。

心配な症状がある場合には、

早めに婦人科を受診し、

検査を受けることをおすすめします。

xmRDFQgHoCS920L1456198948_1456199350

 - 20代30代の更年期障害 , , , ,