更年期世代にプチ断食!効果と注意することとは?

   

最近話題のプチ断食。

プチ断食とは1~2日、固形物を食べない方法です。

肌の調子が良くなった、便通がよくなった、

ダイエットに成功したなど、さまざまな効果があります。

更年期世代にも便通の改善や自律神経のバランスを整える

効果があります。

ただ、更年期世代には注意すべき点も。

更年期世代のプチ断食についてご紹介します。

 

便秘の改善・自律神経のバランス改善に

プチ断食は、1日~2日固形物を食べない方法で、

週末など時間のあるときにできて、

お金もかからないため人気です。

 

diet-617756_640

 

断食をして効果を実感しやすいのが、

お通じの改善。

腸の中を空にすることで、腸の運動を活発にするホルモンが

分泌され、宿便を外に出すことができます。

 

また、自律神経のバランスの改善にも。

自律神経は交感神経と副交感神経からなっています。

過食になると、副交感神経が働きすぎ。

空腹感を感じるときは交感神経が優位になって、

副交感神経は休むことができます。

 

交感神経と副交感神経のバランスが整えば、

疲れやすい、寝付けない

など、更年期世代に多い

自律神経のバランスの乱れからくる悩みを

改善できます。

 

初心者にもできるプチ断食の方法!まずは夕食を抜いてみる

現代人は食べすぎ傾向にあります。

まずは週に1~2回、夕食を抜くところからはじめましょう。

それだけでも便通が良くなるなど、体調に変化を感じる人も

多いです。

 

本来胃腸は睡眠中に食べ物を消化吸収し、

大腸に残りを移動させます。

朝、朝食を食べることで腸が刺激されて

便意をもよおします。

 

ですが、夜遅くに大量の食事をしていると、

リズムがおかしくなって便秘になります。

夕食を抜くことでリズムを正常にもどし、

食事量を減らすことができます。

 

慣れたら週末プチ断食にチャレンジ!

土日を利用したプチ断食は金曜日から準備をはじめます。

金曜日にはバランスのよい食事をこころがけ、次の日からの

準備をします。

明日から断食だからといって、

大量に食べるのは良くありません。

脂肪分の少ない軽めの和食にしましょう。

 

次の日はおもゆや具なし味噌汁を朝にとり、

その後は2日目の夜まで具なし味噌汁や

野菜ジュース、酵素ドリンクなどを食べて過ごします。

 

固形物は、2日目の夜に

通常の半分の量をとります。

断食が終わったからといってドカ食いは厳禁。

徐々に通常の食事の量にもどしていくようにしましょう。

 

プチ断食をやってはいけない人とは?

更年期世代でプチ断食をやろうと思ったら、

注意することがあります。

 

 

痩せている人はやらない

 BMI(体重kg÷身長メートルの2条)が18.5未満の人

・体調不良、薬を服用している人

・ストレスが多いとき

・生理中

 

断食中は脱水になりやすいので、脳梗塞になったことがあるひとや

動脈硬化などがある人はやってはいけません。

仕事が忙しいときなどは断食でさらにストレスが強くなり、

更年期の症状が強くなったりするので、

体調の良い時期にするようにしましょう。

 

プチ断食は、上手に行うことで体質を改善し、

更年期以降の生活をラクにしてくれます。

 

 

xmRDFQgHoCS920L1456198948_1456199350

 - 自分でできる更年期対策 , , , , , , , ,