レモン白湯で便秘解消!代謝アップ!ダイエット!自分でできる更年期対策

      2016/07/06

冷えや便秘、むくみを解消でき、体が軽くなるとして話題の

レモン白湯。

海外セレブや芸能人が実践しており、

レモンと白湯のダブル効果で体の内側から温まり、

代謝がアップします。

冷えは更年期の症状を重くします。

まずは朝の一杯から始めてみましょう!

kud0004-003

 

 

レモン白湯にはレモンと白湯のダブル効果が!

白湯の効果とは?

白湯は、インドの予防医学アーユルヴェーダで、

胃腸を温めて働きを良くする効果があるとされています。

白湯を飲むと胃腸から全身が温まるので、冷えを解消できます。

代謝が上がるので、免疫力がアップします。

 

また、白湯は腸に滞った便や余分な脂肪を押し流すので、

便が排出され、便秘の解消につながります。

腸の中が掃除されるので、肌荒れもよくなります。

胃腸が温まると、消化がよくなり、老廃物や未消化の食べ物がなくなるので、

ダイエットにつながります。

 

レモンの効果とは?

 

kud0004-003

レモンは、体の浄化力の高い食べ物と考えられています。

レモンは腸に刺激を与えて動きを活発にしますので、

便通がよくなります。

便が固くて出にくい人はぜひ摂りたい食べ物です。

 

さらに、レモンを多く食べる人は、

糖や脂肪の代謝にかかわるホルモン、

アディポネクチンの濃度が高く、

さらに、レモンに含まれるポリフェノールのひとつ

エリオシトリンには、中性脂肪の増加を抑制し、

脂肪の蓄積を抑える効果があるとされています。

 

そのため、レモンを多くとる人は、

肥満になりにくい

とされています。

 

レモンには、ビタミンCやクエン酸も多く含み、

美肌効果や、疲労回復効果があります。

このように、レモン白湯は更年期の女性に

ぴったりのドリンクなのです。

 

レモン白湯の作り方

レモン白湯の作り方は

 

1 やかんに水を入れてフタをし、火にかけます

2 沸騰したらフタをとり、10分ほどぐらぐらと沸騰させます。

  アーユルヴェーダでは気泡が出ることで白湯がバランスの良い飲み物になります。

3 火をとめて白湯200ccに対してレモン果汁5滴を加える。

 

レモンはできればオーガニックの生の果汁がつかえるとベストです

 

便秘を解消したいならレモン白湯を飲むタイミングは朝!

レモン白湯を飲むなら、

目覚めてすぐ、朝食前がおすすめ

朝の体は冷えているので、

熱い白湯をゆっくり飲むことで、胃腸があたたまり、

水分補給ができ、排泄もスムーズになります。

 

10分から15分かけてすすりながらゆっくり飲みましょう。

 

便秘解消効果を高めるには、ひとつまみの塩を加えても。

塩を加えることで、排泄効果が高まります。

冷えが気になる人は、体を温めてくれるしょうがを加えるといいでしょう。

 

ダイエットなら運動後に飲むと効果的

消化を促進し、代謝を高めてダイエットしたいなら、

レモン白湯を運動後に飲むのが効果的です。

食後に5分ほど休憩したら、

15分ほどの散歩を。

 

それから100ccほどのレモン白湯を飲むことで、

消化が促され、代謝が上がり、ダイエットになります。

 

レモン白湯を飲む量は?

レモン白湯は排出力が高いので、

大量に摂ると、必要な栄養まで流してしまうことがあります

 

レモン白湯は朝の1杯にして、

あとは白湯を1日5~6杯飲むのが効果的。

 

目安としては1日700~800ccにしましょう。

まずは1週間、朝のレモン白湯をためしてみて。

 

便秘が解消すれば、白湯に切り替えるといいでしょう。

 

レモン白湯は代謝アップに効果的。

更年期の冷えが気になるなら試してみては?

 

次回はさらに代謝をあげる酢しょうがをご紹介します。


xmRDFQgHoCS920L1456198948_1456199350

 - 自分でできる更年期対策 , , , , ,