【更年期世代の美容】黄ばんだ歯をホワイトニング!気を付けるべきポイントは?

   

smile-191626_640

 

更年期世代に歯のホワイトニングが広がっています。

年齢とともに色素が沈着し黄ばんでくる歯。

白い歯は若々しく見えて魅力的ですよね。

ホワイトニングはどういうものなのか、注意するポイントをご紹介します。

 

ホワイトニングはどうして歯が白くなる?仕組みと効果

 

ホワイトニングは、歯を薬剤で漂白して白くします。

専用の薬剤を使って歯の表面のエナメル質、歯の内部の象牙質にはたらきかけ、

沈着した色素を分解します。

 

ホワイトニングの手順

まず歯の表面の汚れを落とし、歯肉に薬剤がつかないように保護材で

歯肉をおおいます。

次に専用の薬剤を歯に塗り、数分置いたあと機械で照射します。

これを一定期間をおいて3~4回繰り返します。

 

ホワイトニングの効果

 

一回ホワイトニングをすれば、1年ほどは効果があります。

ただ、定期的にクリーニングは必要で、

コーヒー、赤ワイン、お茶、たばこなど

歯に着色しやすいものを頻繁に飲んだり吸ったりする人は、

再沈着しやすく1年もたずに黄ばみが出てくることがあります。

illustration

 

ホワイトニングに注意が必要な人がいる

 

ホワイトニングは、色を分解する働きがある過酸化水素を使います。

さらに機械で光をあてて照射します。

このため、薬剤を分解できない、光線刺激に弱い人は注意が必要です。

 

無カタラーゼ血症、光線過敏、気管支喘息、心臓疾患、膠原病

の人は、カウンセリングで伝えるようにしてください。

 

ホワイトニングをした後に気を付けること

coffee20160715235104_TP_V

 

ホワイトニングの施術をした後には物に気を付けましょう。

飲料によってはすぐに色素が再沈着してしまいます。

 

施術直後は、炭酸飲料やスポーツ飲料など賛成の飲み物は飲まないようにしましょう。

コーヒー、赤ワイン、カレーなど色の付きやすい食べ物は控えめにします。

たばこは着色性が強いので、禁煙をおすすめします。

食後は必ず歯を磨きましょう。

 

 ホワイトニングの費用は?全額自費負担

dentist-521444_640

 

ホワイトニングは、美容目的なので、健康保険の対象にはなりません。

全額自費負担になります。

クリニックによって費用には差がありますが、1回の治療で3万円程度、

一定期間をおいて3~4回繰り返すことで白くなるので、

合計10~12万円かかるのが一般的です。

 

歯の白さの基準は人それぞれ。

思っていたのと違った!なんてことにならないように、

事前のカウンセリングでしっかり相談しておきましょう。

 

 

 

xmRDFQgHoCS920L1456198948_1456199350

 - 更年期の美容 , , , , , , ,