更年期のイライラ対処法!イラッとしたときにするべきこととは?

      2016/02/16

更年期にはイライラすることが多くなりますよね。

更年期は女性ホルモンが減少することで、

心と体に様々な不調をきたします。

精神的にも不安定になって、

今までは受け流せたことが気になったり、

わけもなくいらだちを覚えたり、

そんな自分自身もいやになってしまったり・・・

ときには周りの人に当たってしまうこともあるのでは

ないでしょうか。

今回はいらっとしたときの対処法をご紹介します。

イライラに対処することは、自分の心の安定のためだけでなく、

周りの人にも迷惑をかけないためにも大切です。

スポンサーリンク

 

更年期のイライラに対処する方法!

イラッとすることがあったら、まずは次のことを試してみてください。

 

深く深呼吸する

イライラしている人は呼吸が浅くなっています。

呼吸が浅くなると、脳にしっかりと酸素がいきわたらないので、

冷静になって考えることができません。

いわゆる頭に血がのぼった状態です。

イラッとしたら、まずは大きく深く深呼吸をしましょう。

少し冷静になれば、周りの人を傷つけることも減るでしょう。

 

ツボを押す

いらいらして人に当たりたくなったら、

ツボを押してみるのもひとつの方法です。

 

手首の横シワから指三本ほどのところに、

内関(ないかん)というツボがあります。

ここを押すことで心を落ち着かせることができます。

 

嫌なことを紙に書く

いらいらしたり、いやだなと思ったことは、

すべて言葉にして紙に書きましょう。

おもいつく限りのことを書き、

不安に思っていることや怒っていることを

すべて言葉にします。

 

言葉にすることで、漠然とした不安や怒りが

明確になり、自分の中で整理することができ、

スッキリした気持ちになれるでしょう。

 

体を動かす

イライラしたときには外の空気を吸って、

体を動かすのがおすすめ。散歩やジョギングなどをすることで

気分転換になり、イライラしたりもやもやする気持ちを

スッキリさせることができます。

運動不足だと更年期の症状が強くなるので、

更年期の症状の改善のためにも、

運動をしましょう。

 

大声を出す

イライラは声を出すとスッキリします。

カラオケなどに行って、

好きな歌を思いっきり歌って

気分転換しましょう。

 

更年期のイライラは、思わず家族や、友人、部下など周りの人にも迷惑になることが。

イライラしたら、なるべく早く解消することが大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

xmRDFQgHoCS920L1456198948_1456199350

 - 不安・イライラ・うつ , , ,