更年期・PMSのイライラ解消術!今すぐできるツボ・漢方・ハーブ療法

      2016/09/25

更年期や月経前の症状で多いイライラ。

日々の暮らしの中で、イライラがつのったり、ストレスがたまること、ありますよね。

以前は、受け流せたのに、ちょっとしたことでも怒りたくなる…

そしてそんな自分に嫌気がさしてしまうことも。

ストレスをためこむと心や体に不調が現れ、更年期や月経前の症状がひどくなります。

ストレスを上手にやりすごすことが、症状改善のポイント。

更年期や月経前のイライラ、ストレスに、手軽にできる対処法をご紹介します。

 

ELLY129073743_TP_V3

 

ストレスが心と体に及ぼす影響

ストレスがたまると、心身に大きな影響を及ぼします。

身体への影響

  • 肩こり
  • 肌荒れ
  • 頭痛
  • 不眠
  • 抜け毛
  • 目の疲れ

心への影響

  • 落ち込む
  • 不安感
  • 集中力がない
  • 怒りっぽい

 

更年期、月経前の女性はホルモンバランスが乱れており、

自律神経のバランスが乱れやすくなっています。

ここに、ストレスが加わって、イライラはMAXに。

現代社会はストレス社会ともいわれるほどで、ストレスをまったく感じずに過ごすというのは、難しいもの。

受け取り方を変えて、上手にやり過ごせるようにすることが重要です。

 

手軽にできるストレスケア

 

手軽にできるストレスケアをご紹介します。

ちょっとした空き時間に試してみてください。

 

ツボ押し

ストレスを感じたときには

太衝(たいしょう)、だん中を指圧しましょう。

太衝は、足の親指と人差し指の付け根から足首の方向へ指で押し上げて

指がとまるところ。血行をよくし、イライラをしずめるとされています。

 

 

だん中は、両側の乳首を結んだ線の中央の骨の部分にあります。

押すとやや痛みがある箇所です。女性ホルモンと関係のあるツボで、

ホルモンバランスの乱れからくるイライラをしずめます。

 

軽い運動・ストレッチをする

運動をすると、ストレスを和らげてくれる「セロトニン」というホルモンが分泌されます。

また、質の高い睡眠を促す効果もあります。20分くらいの少し汗ばむ程度の運動をするといいでしょう。ウォーキングや、ヨガなど激しすぎない運動がおすすめです。

ヨガは、腹式呼吸もできるので、イライラの解消により適しています。

 

腹式呼吸をする

腹式呼吸をすると、通常の呼吸よりも多くの空気を取り込むことができます。

呼吸の回数が減るので、体への負担が少なくなってリラックスした状態になります。

意識して深い呼吸をするようにしましょう。

 

掃除をする

他のことに集中すると、自然とストレスの原因と距離をおくことができます。

掃除は運動量があり、手軽に達成感を得られます。

部屋もきれいになるので、一石二鳥の方法です。

 

イライラにいい食べ物をとる

更年期やPMSのイライラにいい食べ物をご紹介します。

次のような食べ物をこまめに食べるといいでしょう。

  • セロリ
  • みかん
  • しそ
  • らっきょう
  • 春菊
  • サラダ菜
  • ゆず

漢方

イライラにいいとされている漢方薬

  • 加味逍遥散
  • 大柴胡湯
  • 竜胆瀉肝湯

ハーブ

  • ペパーミント
  • オレンジフラワー
  • ラベンダー

 

イライラのひどいときには、好きな音楽でもききながら、

ハーブティーをのんで過ごすといいでしょう。

xmRDFQgHoCS920L1456198948_1456199350

 - 不安・イライラ・うつ , , , , , ,