【更年期の症状】不安・イライラ・気分の落ち込み

   

40代・50代なんだか不安・イライラ・気分が落ち込むと思ったら

40代、50代に入ってなんだかイライラする、気分が落ち込む…

それは更年期の症状かもしれません。

更年期になると、卵巣の機能が低下し、

女性ホルモンのひとつ、エストロゲンの分泌が急激に減少します。

エストロゲンは、自律神経のバランスをつかさどっていて、

心の健康にも大きな影響を及ぼしています。

エストロゲンの分泌が減少することで、

自律神経のバランスがくずれ、

不安・イライラ・気分の落ち込みなどの症状があらわれるのです。

自分でできる不安・イライラ・気分の落ち込みの対策法

なんだかいつもよりイライラする、気分が落ち込むと思ったら、

ストレスを減らし、自律神経のバランスを整えることが

大切です。ここでは自分でできる対処法をご紹介します。

セロトニンの材料をとる

セロトニンは幸福感をもたらす神経伝達物質です。

エストロゲンの分泌が減少すると、セロトニン神経機能が低下し、濃度が低下することがあり、

精神的に不安定になりやすいとされています。

不安やうつ気分の対策のひとつとして、セロトニンを増やすようにすることが

あげられます。

セロトニンの材料のひとつにトリプトファンというアミノ酸があります。

トリプトファンは、肉類やプロセスチーズ、アーモンド、牛乳などの食品に含まれています。

こうした食品をとることで、

セロトニンの量を増やすようにしましょう。

トリプトファンはビタミンB群と一緒にとることで

吸収率が高まります。

ビタミンB群を含む食べ物としては、

豚肉、豆類、チーズ、ヨーグルト、ブロッコリー、サンマなどです。

また、朝にとると効果が高いですので、

朝食を見直してみてはいかがでしょうか。

体をあたためる

うつ気分になると、体温が低い傾向があります。

これは、自律神経のバランスが崩れているためだとされています。

体をあたためて、副交感神経がはたらくようにすることで、

改善が期待できますので、意識して

体をあたためるようにしましょう。

半身浴をして体をあたためたり、

生姜など、体をあたためる食材を摂ることも大切です。

ストレスを減らすことを心がける

これまでまじめに仕事、家事をやってきた人ほど、

更年期になると不安・気分の落ち込み・うつなどの症状が出やすくなります。

ほてりやのぼせなど体の症状がでてきて、

これまでと同じように仕事や家事ができなくなると、

自分を責めるようになって精神的に不安定になることがあります。

更年期に入る40代からは完璧を求めずに、ゆったりとした気分で過ごすことが大切です。

自分のなかでのハードルを下げてやることで、

気分が楽になり、ストレスを減らすことができます。

また、十分な睡眠、バランスのよい食事、適度な運動も

ストレスを軽減し、自律神経のバランスを整えるのに

有効とされているので、

生活習慣が乱れている人は、見直してみましょう。

不安・気分の落ち込み・うつの治療法

不安感、気分の落ち込みなどの精神症状が強い場合、

抗不安薬や睡眠薬などが処方されることがあります。

漢方治療の場合には、更年期の様々な症状に対処する芍薬(しゃくやく)や、

胃腸の働きをよくし、精神を安定させる茯苓(ぶくりょう)が処方されることが

あります。漢方治療の場合には、

その人の体質に合わせた治療が行われるので、

他の薬が処方されることがあります。

そのほかには、整体などで、

自律神経のバランスを整えるための治療が行われることもあります。

xmRDFQgHoCS920L1456198948_1456199350

 - 不安・イライラ・うつ, 更年期の症状, 更年期障害の治療法 , , , , , ,