気象病って知ってる?めまいに吐き気…対処法は?病院は何科?

   

「体調で天気がわかる。」「雨が降りそうになるといつもめまいがする。」

雨が降りそう、台風が近づいていると関節が痛くなったり、季節の変わり目にめまいや頭痛があるなど天気の変化で不調を感じていませんか?それは「気象病」かもしれません。普段から自律神経が乱れがちな更年期世代はとくに注意が必要です。

virus_zutsuu

気象病とは?症状は?

気象病は、天気の変化で起こる不調の総称。症状としては2種類あって、一つはめまい、肩こり、イライラなど、なんとなく不調があるパターン。検査をしても原因がわからないことも多いです。更年期など、普段から交感神経と副交感神経の自律神経が乱れがちな人に症状が出やすいです。もう一つは片頭痛や関節痛などの持病が悪化するパターンです。

気象病を引き起こすきっかけは、気圧、気温、湿度の変化です。なかでも気圧の影響は大きいので梅雨や台風の時期には特に注意が必要です。

なぜ気象病になるの?

気圧の変化で気象病になるのはなぜなのでしょうか。耳の中には、体の平衡感覚をつかさどる内耳に気圧の変化を感知して脳に「気圧が変わりますよ」という信号をおくります。本来なら脳は信号を受け取ったら気圧の変化に体を合わせるのですが、自律神経が乱れている人は、センサーからの信号を受けて脳が混乱してしまうことがあるのです。

また、関節痛も気象病の代表的な症状です。変形性膝関節痛や関節リウマチなどの持病がある人は、雨が降る前になると痛む人が多いです。

気象病の対処法!酔い止め薬が効くって本当?

気象病にはどう対処したらいいでしょうか。

酔い止め薬が効く?

気象病の代表的な症状はめまいですが、これは目からの情報と内耳からの情報がずれて脳が混乱することが原因です。実は乗り物酔いも同じようなメカニズムで起こります。ですので、気象病によるめまいの改善にも市販の酔い止め薬が効くとされています。酔い止め薬は内耳の血流を改善し、内耳神経の興奮を鎮めるので、頭がぼーっとしたり、症状が出そうだなと思ったら服用するといいでしょう。

さらに、片頭痛を持っている人にも酔い止め薬は有効とされています。片頭痛は梅雨どきや台風の時期には気圧の変化で症状が悪化することがあります。これは気圧の変化によって交感神経が興奮することが原因です。交感神経が興奮し、縮こまった血管が反動で拡張し痛みの神経が刺激されます。そのため予防的に酔い止め薬を飲むことは効果があるとされています。

自律神経を整えよう

更年期、ストレスが多い、不眠であるなど、自律神経が乱れがちな人は、生活習慣を見直し、適度な運動や十分な睡眠をとるなどして自律神経を整える習慣をこころがけましょう。

片頭痛の痛みがでたときの対処法

片頭痛の痛みが出てしまったときには、首の後ろや額、眉の下を冷やしましょう。痛みがあると疲れているのかな?などと思って温めたり、マッサージしたりしがちですが、マッサージや入浴は体が温まり、血管が拡がるので、片頭痛を悪化させる可能性があるので注意しましょう。

片頭痛が起こりやすいなら、頭痛日記をつけるのもおすすめです。天気の変化と自分の体調との関連性を把握することで、天気予報から、いつごろ症状がでそうかを予測し、予定を決めたり、薬を飲むなどの対策がしやすくなります。頭痛日記をつけるためのアプリも出ているので、試してみてはいかがでしょうか。

ひざの痛みがる人は除湿を

ひざの痛みは低気圧に高湿度、気温の低下がかさなって悪化することが多いので、除湿を徹底しましょう。ひざが冷えないようにカイロを当てたり、ひざ掛けをかけるのも効果的です。

気象病は何科に行けばいいの?

慢性的な痛みがある人の4分の1は天気が関係しているといわれています。また、男性よりも女性のほうが多いとされています。気象病に対しては天気痛外来など専門の外来もあります。専門外来が近くにない場合は、頭痛や頭がふらふらするようなめまいがあるなら神経内科を。耳鳴りや目の前が回るめまいがあるなら耳鼻咽喉科をまず受診するといいでしょう。

 

 

xmRDFQgHoCS920L1456198948_1456199350

 - 更年期の症状 , , , , , , , , ,