更年期の肌トラブル・肌荒れ対処法!乾燥を防ぐための簡単ケア法とは

      2016/03/15

肌の衰えは老化現象のひとつ。

ですが、更年期になると症状が加速します。

更年期の主な肌トラブルとしては、

  • シワ
  • たるみ
  • クマ
  • 肌のくすみ などがあります。
  • 原因は、女性ホルモンの減少による乾燥。乾燥を防ぎ、肌トラブルを改善する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

更年期の肌トラブルの原因は乾燥だった!

更年期の肌トラブルの原因は、女性ホルモンの減少です。

女性ホルモンの分泌が減少することで、

皮膚内のコラーゲンも減少し、

肌の弾力が失われてしまいます。

また、更年期になると肌のうるおいを保つために必要なセラミドも減少。

そのため皮膚の乾燥が進み、シワやたるみとなって現れるのです。

 

エストロゲンの減少によって、全身が乾燥しやすくなっているので、

ちょっとした刺激でもお肌は敏感に反応してしまいます。

ひどい場合には、顔がヒリヒリと痛んだり、痒くなることもあります。

 

潤い肌を手に入れる方法とは?

 

更年期の肌トラブルの原因は乾燥」

 

皮膚は外からの刺激を防ぐためのバリアです。

バリアがきかなくなると、肌内部にある水分が失われてさらに乾燥がすすみ、

外部からの刺激にも敏感に反応してしまい、

かゆみや炎症がおきやすくなります。

 

ではどんな点に注意してケアすればいいのでしょうか。

外と内からのケアが大切です。

 

外からの乾燥肌対策:洗いすぎには要注意!

 

biyou_sengan

 

肌は本来、皮脂で覆われた状態にあります。

皮脂がなくなってしまうといくら保湿化粧品を使っても

水分は蒸発し放題。

皮脂を取りすぎないこと

が大切です。

 

朝の洗顔は水洗いでもOK

朝の洗顔は、水汚れを落とすだけでも十分。

Tゾーンの皮脂が気になるなら、洗顔前にティッシュでやさしく押さえて

オフすれば大丈夫。

メイクを落とすときでもW洗顔はしない方がベター。

 

W洗顔不要!マナラ ホットクレンジングゲル


 

入浴後はすぐにオイルで乾燥を防ぐ

皮膚が薄く、乾燥による小じわやシミが出やすいのが

目や首のまわり。

入浴後はすぐに乾燥がはじまるので、

タオルで水気をとったら、

すぐにオイルで水分を閉じ込めましょう。
高品質な認証オーガニックオイル(ホホバ、アルガン、マカダミアナッツ)が500円で試せる



 

内からの乾燥対策:胃腸に負担をかけない!内側から潤いを補給

 

不規則な食生活は肌荒れの原因に。

乾燥対策には、バランスのとれた食事をこころがけましょう。

とくに、胃腸に負担がかかっていると、肌荒れしやすくなります。

よく噛んで食べる、遅い時間には食べない

ことが大切です。

また、肌の内側から潤いを補給する成分

を摂ることもおすすめです。

 

朝起きたら白湯を飲もう

冷えた胃腸にいきなり食事を入れると、

胃腸に負担がかかります。

朝起きたら、少し熱めの白湯を

カップ1杯飲みましょう。

こうすることで、おなかの中で、

消化酵素が働きやすい温度になり、

胃腸の負担が軽くなります。

 

王道のコラーゲンで潤い補給

 

美肌成分の代表格であるコラーゲン。

肌のハリや弾力、髪や爪の健康にも

大きくかかわっています。

コラーゲンをとることで、

肌の水分量が増え、ハリや弾力が高まります。

乾燥肌対策に、健康維持のために毎日摂りましょう。



 

継続して摂りたい話題の新成分プロテオグリガン

コラーゲンと同じく、肌の水分を保っている

プロテオグリガン。

サメの軟骨成分で、皮膚の水分量、ハリや弾力を取り戻してくれます。

継続して摂ることで、効果が得られます。
プロテオグリカン配合美白サプリメント【マスターホワイト】



 

内からと外からのケアで、お肌の乾燥対策をしましょう!

 



 

次回は、更年期と花粉症について、です。

更年期になって花粉症になった!という人が増えています。

更年期の花粉症対策についてもご紹介します。

xmRDFQgHoCS920L1456198948_1456199350

 - 更年期の症状, 更年期の肌ケア , , , , ,