ホルモン補充療法は貼り薬がいい?塗り薬がいい?

   

ホルモン補充療法(HRT)は、年齢とともに少なくなる女性ホルモン(エストロゲン)をホルモン製剤で補う治療法のこと。更年期障害など、ホルモンバランスの乱れでおこる不調に対する治療法で、欧米では50年ほど前から使われています。

ホルモン補充療法には飲み薬・貼り薬・塗り薬があります。それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

NKJ56_okusurij_TP_V

ホルモン補充療法の治療薬の種類

ホルモン補充療法で使用される製剤には、

飲み薬・貼り薬・塗り薬があります。

 

 

成分  薬剤名
飲む(錠剤) 結合型エストロゲン プレマリン錠
エストラジオール ジュリナ錠
エストリオール エストリール錠
貼る(パッチ) エストラジオール エストラーナ
塗る(ジェル) エストラジオール ディビゲル
ル・エストロジェル
挿入する(錠剤) エストリオール エストリール錠

 

ホルモン補充療法の投与のパターン

1 エストロゲンと黄体ホルモンを周期的に併用する

 

エストロゲンを単独で補うと、子宮がんのリスクが高まるので、閉経前の人には、エストロゲンを毎日、プロゲステロンを1か月に12日間服用します。

 

2 2つのホルモンを毎日服用

 

閉経してから年数がたっている人には、エストロゲン・プロゲステロンを毎日服用します。

 

3 エストロゲンのみを服用

 

子宮がんのリスクがない場合(子宮を切除している)には、エストロゲンのみを毎日服用します。

 

飲み薬・貼り薬・塗り薬の比較

 

飲み薬のメリット・デメリット

 

飲み薬は、錠剤で、他の薬と同じように飲むことがで

きます。

胃腸や肝臓に負担がかかることがあるので、

胃腸の弱い人、肝臓に持病のある人、高コレステロールの人は避けた方がいいでしょう。

 

 

貼り薬のメリット・デメリット

上昇した血中濃度を長時間安定させられます。

皮膚から直接吸収するので、胃腸への影響がありません。

パッチ薬の場合、皮膚の弱い人は、発赤を起こす可能性があるので、貼る場所をこまめに変える必要があります。

 

塗り薬のメリット・デメリット

局所投与ができます。ジェルタイプなので、皮膚が弱い人でも安心です。

塗るのが面倒になることも。保険適用のない薬もあります。

 

ホルモン補充療法の費用

更年期障害のためにホルモン補充療法を行う場合には、保険適用があります。

薬にかかる費用は、自己負担分として平均で1か月1000円~2000円です。

 

 

以上のように、ホルモン補充療法には、いくつかの種類があります。それぞれ長所短所があるので、自分に合った方法を選びましょう。

 

 

 

xmRDFQgHoCS920L1456198948_1456199350

 - ホルモン補充療法(HRT), 更年期障害の治療法