ホルモン補充療法(HRT)の効果・効き目は?副作用は?

   

更年期を過ぎるとホルモンを自分でつくることができません。

減少する女性ホルモンをHRTで上手にとりいれましょう。

気になる効果・効き目・副作用についてご紹介します。

 

エストロゲン量を補うHRT

HRTとは、「ホルモン補充療法」のこと。

減少する女性ホルモンをホルモン製剤で補う治療法のことです。

HRTで使用するのは、閉経前後の女性のために開発された製剤で、

ヨーロッパでは、40年以上前からつかわれています。

とくにスウェーデンでは更年期世代の女性の40パーセントが使用しています。

 

ホルモン製剤に含まれるエストロゲンの量は、

40代半ばの女性のエストロゲン量。

不足するエストロゲンを補う量に調節されています。

 

HRTで改善する症状

HRTではホルモンを補うので、

脳がパニックを起こすことがなくなり、

ホットフラッシュ、多汗、冷え、うつ などのつらい症状を改善させます。

 

自律神経系のトラブルを改善する

 

女性ホルモン分泌量の減少をおだやかにする

 

必要最低限のエストロゲン量なので安心

 

HRTの副作用は?

日本であまりHRTが普及していないことの一因に、

アメリカの調査で、

「乳がんのリスクが高まる」結果が出たと報道されたことがあります。

その後の新たな調査で、むしろリスクが減る、との報告がされ、

日本でも同様の結果がでています。

 

ただし、HRTによって

月経のような出血がある

乳房が張る

胃がむかつく

などの症状が出ることがあります。

 

これらの症状は、体が慣れると解消していくことが多く、

HRTを受けるメリットの方が大きいとされています。

 

 

xmRDFQgHoCS920L1456198948_1456199350

 - 更年期障害の治療法 , , , , , , , ,